NEWS

最新トピックス

広がりを見せるサブスク。そのメリット・デメリットは?

広がりを見せるサブスク。そのメリット・デメリットは?

近年、時代は欲しいモノを、所有することから利用することへと志向が変化している。

そんな時代を牽引し、広がりを見せているのが「サブスク」。

消費者が製品やサービスそのモノを購入するのではなく、それを一定期間利用・体験できる「権利」に対してお金を支払うビジネスモデルだ。

「サブスク」とは?どのようなビジネスモデルなのか。

サブスクとはサブスクリプションの略で、もともと「定期購入」という意味がある。

ただ、日本では「定額制」という言葉の方が浸透しやすかったようで、「定額制」という言葉を使って様々なサブスクリプション型のサービスが提供されている。

そもそもサブスクリプションという言葉が知られるようになったのは最近だが、このようなビジネスモデルは実は昔から存在していた。

毎朝届く新聞の定期購読も実はサブスクの1つで、そのほか健康食品が定期的に家に届く定期購入なども昔からあるサブスクといえる。

現在は既に多くの方が利用している音楽聴き放題や動画見放題など、数多くの商品・サービスがサブスクで受けられるようになっている。

そんな大手企業の導入も増えつつあるサブスクリプションとは。

メリット・デメリットは?

ではなぜ多くの企業がサブスクリプションを導入するようになったのだろうか。それは利用者側、企業側それぞれに数多くのメリットがあるからだ。

【企業側のメリット】

毎月確実な入金を期待でき、継続的に安定した売上を得られる

●月額費を下げることで、新規利用者増加を期待できる


●個々の会員情報や実際に利用された統計データが取れるので、有用なデータ収集ができ、今後の改善に利用できる


●デジタル、アナログ問わず様々な業界や業種で提供出来るので、新サービスとして導入しやすい

【利用者側のメリット】

事前に支払う金額の上限が分かるので、利用開始のハードルが下がる
購入すると高いものでも、定額制なので手を出しやすい


●定額で利用し放題のため、コストパフォーマンスが良く、使えば使うほどお得


●使わなくなったらいつでも解約できる

【企業側のデメリット】

●サービス開始前には、あらゆるコンテンツを集めておく必要があるが、開始直後はユーザー数が少ない為、利益が出るまでには時間がかかる

●飽きて解約されない為に、常に新しく新鮮なコンテンツを取り入れ続けなければならない


●新商品を入荷し続けるため、定額からオーバーした分を賄うためなどのコストがかかる


●手が届きやすくなる代わりに、安価なものだと認識され、ブランドの価値が下がる等のブランディングに影響する可能性がある。

【利用者側のデメリット】

●何も使っていなくても料金が発生する


●手の出しやすい月額費だからこそ、複数契約してしまい費用がかさみやすい


●必ずしも興味のあるコンテンツだけとは限らない。使わない機能や興味のないサービスも含まれている

購入型よりレンタル型

そんな中、今利用者が増えているのがレンタル型のサブスク。

例えば高級スーツやブランドファッションのような、普段なかなか買えないようなものでも、このサービスを使えば必要な時だけ使って返すということが出来るため、購入するよりハードルが低くなり手も出しやすくなる。

更に最近では、自動車までサブスクで利用できるようになった。

大手自動車メーカーも参入しており、既に数社がサービスを始めている。

購入時だけでなく、所有するとなるとガソリン代や駐車場費、税金や修理代など維持をするのも大変な自動車。

レンタカーが乗り放題になるサービスと考えると、効率が良く経済的にもありがたいサービスである。

このようなレンタル型のサブスクは、今後更なる広がりを見せるだろう。

映画・ドラマや音楽などの娯楽だけでなく、家具や車、服や食料品まで衣食住全てのサービスがサブスクリプションで任せられるほど、サブスクは拡大している。

<自分のもの>として所有したいと思うこだわりや思い入れのあるものには投資を惜しまず、

一度しか使わないものや、とりあえず間に合えばよいというものは、サブスクで安く済ませるという上手い使い方を試してみるのもいいかもしれない。


他にもまだまだ数多くのジャンル、製品のサブスクがあるので、ぜひ自分のお気に入りのサブスクを見つけてほしい。

只今、無料トライアル実施中!!

弊社では全国の様々な企業様で使われているSMS送信サービス

『プッシュPro-SMS』の無料トライアルを実施しております。

・国内3大キャリア(docomo・au・SoftBank)との直接接続で開封率99.9%‼

・全キャリア長文SMS送信 ※最大660文字までのSMS配信に対応。

・PDFやExcel、CSVなど様々なファイルの添付が可能 

・誤送信防止機能

・24時間 365日 万全のサポート体制

シンプルな操作方法で,様々な業務の効率化を解決するツールとして多くの企業様に活用されています。

使用例 : 本人確認、申し込み、 決済通知、督促連絡、業務連絡、プロモーション用途など

実際のシステムをお試しいただくことで、より明確な使用時のイメージをお持ち頂けます。

下記バナーよりお気軽にお問い合わせください。

トレンドカテゴリの最新記事