NEWS

最新トピックス

平成初期に一世を風靡したポケベル。 ついにサービス終了へ。50年の歴史に終止符。

平成初期に一世を風靡したポケベル。 ついにサービス終了へ。50年の歴史に終止符。

今から25年ほど前に一世を風靡した「ポケベル」。

この「ポケベル」という愛称で長らく親しまれてきた「ポケットベル」だが、

全国で唯一ポケベルのサービスを提供していた、東京テレメッセージ株式会社のポケベル端末「ページャー(マジックメール)」のサービス終了となる2019年9月30日をもって、その歴史に幕を下ろす。

ポケットベルの歴史

ポケットベルは、電波で小型受信機に合図を送る無線呼出しサービスに使われる機器で、1958年に米国でサービス開始。

日本では1968年7月に電電公社(後のNTT)が自動ダイヤル交換方式の「ポケットベルサービス」として、東京23区で開始。

無線を使って文字を伝える通信技術、“個人向け無線サービス”は平成初期に「ポケベル」として一世を風靡した。

1990年代初期から中頃のバブル期かけて、それまでビジネスマンの外回りの際の連絡手段として主に使われていたポケベルだが、その後若者の間で一気に広まり、爆発的に大流行した。

当時はプリクラ・ルーズソックスとともに女子高生の三種の神器とまで言われた。


時代と共に進化してきたポケベル

サービス開始当初は、現在のように双方で連絡を取り合うというよりも、あくまで「呼び出す」という一歩通行な連絡手段で、至ってシンプルな仕組みでした。

電話をかけるとポケベル本体の音を鳴らすことが出来、それに気づいたら自宅の固定電話や公衆電話から、相手へ電話を折り返すという使い方だ。

その後、時代と共に姿や形を変えて進化し、新機能も追加され。

1987年にはプッシュ信号により、数桁の数字を送信して表示できるようになり、これにより初めて「送信者の電話番号にかけ直す」ということが可能になった。

1990年代には、数字の語呂合わせでメッセージを送る「語呂遊び」が大流行。

「0840(おはよう)」「8181(バイバイ)」「0906(遅れる)」「194(行くよ)」など、女子高生など若い世代で流行しました。

1994年頃に入ると、ようやくカタカナやアルファベット、絵文字などを表示できる製品が登場し、文字送信が可能となりました。

1996年に最盛期を迎え、利用者数は約1000万件を越え、あまりの人気で、通信設備や本体生産も追いつかなくなるほどだったという。

友達同士で連絡を取り合うことを「ベル友」と呼ぶなど「ポケベル」は社会現象となった。

携帯電話やPHSの台頭


しかし一方で、この頃から携帯電話やPHSの普及とともに、そのブームは一気に引き、1996年のピークを境に加入者数は減少していった。

ピーク時には1000万件以上あった契約は、現在では首都圏のみで1500件を下回るほどに減少し、そのほとんどは医療関係などの法人契約だという。

そしてこの程、全国で唯一ポケベルのサービスを提供していた、東京テレメッセージ株式会社のポケベル端末「ページャー(マジックメール)」のサービス終了となる2019年9月30日をもって、「ポケベル」という愛称で長らく親しまれてきた「ポケットベル」は、その歴史に幕を下ろす。

約50年という長い歴史の中で、数々のドラマを生み出してきた「ポケベル」

一つの時代が終わるのは寂しいことだが、モバイルの世界は流行りだすのも早いが、同時に廃れるのも早いという。

最後までサービスを提供し続けた東京テレメッセージは、サービス愛用者に対し

「皆様が長きにわたりご利用くださいましたおかげで、弊社は無線呼出事業から撤退することもなく、そして新たな分野での役割を見つけることができたものと感謝いたしております」としている。

今後は防災無線等の地方自治体向け情報配信サービスに注力するとし、また新たな形で我々の生活を寄り添ってくれるであろう。

只今、無料トライアル実施中!!

弊社では全国の様々な企業様で使われているSMS送信サービス

『プッシュPro-SMS』の無料トライアルを実施しております。

・国内3大キャリア(docomo・au・SoftBank)との直接接続で開封率99.9%‼

・全キャリア長文SMS送信 ※最大660文字までのSMS配信に対応。

・PDFやExcel、CSVなど様々なファイルの添付が可能 

・誤送信防止機能

・24時間 365日 万全のサポート体制

シンプルな操作方法で,様々な業務の効率化を解決するツールとして多くの企業様に活用されています。

使用例 : 本人確認、申し込み、 決済通知、督促連絡、業務連絡、プロモーション用途など

実際のシステムをお試しいただくことで、より明確な使用時のイメージをお持ち頂けます。



IT技術関連カテゴリの最新記事