NEWS

最新トピックス

電気製品に付いている「Sマーク」って何?電気製品は安全マークのあるものを選ぼう

電気製品に付いている「Sマーク」って何?電気製品は安全マークのあるものを選ぼう

電気製品に付いている「Sマーク」をご存知でしょうか?

電気製品を購入する際、まずは機能、サイズ、デザイン、値段など、何かを購入する際は自分の条件に合うものかを確かめると思います。

商品を安心して購入、使用するための安全性を示す「Sマーク」とは?

安全性を保証する「安全マーク」

電気製品を購入する際には、是非確認してもらいたい条件があります。

それは、安全性です。

誰もがお家やお店で当たり前のように使用している電気ですが、その一方で電気事故の事例も日々増えています。

では、電気製品の安全性はどのように確認出来るのでしょうか。

そもそも日本で販売されている電気製品には、全てに「安全マーク」が付いています。

これは2001年に電気用品安全法により定められたもので、電気製品を製造または輸入している業者は、国の定める基準をクリアしている製品に「PSEマーク」と呼ばれる安全マークを付けることが義務付けられました。

これにより、安全マークがある製品は法律をちゃんと守って作られ、輸入製品に関しても国の法律にきちんと適応した製品という証明になります。

Sマーク」って何?

今回紹介する「Sマーク」は、法律で定められているマークではありませんが

電気用品安全法を補完する電気製品の安全のための第三者認証制度で、国内外から信頼を得た公正・中立な第三者の認証機関により、

多項目の安全試験や工場での品質検査が行われ、世界的な安全基準で安全と判断された製品にのみ付けられる。

日本の電気製品の安全性向上に貢献することを目的に、より安心安全に電気製品を購入・使用してもらうために作られたマークです。  

現在、店頭で販売されている電気製品には約70%の製品にSマークがついていると言われています。。

「PSEマーク」があることを確かめた上で、さらに安全性を確認したい場合は、「このSマーク」があるかどうかを見ると良いでしょう。

電気製品を安心・安全に利用するためには

現在、電気製品は国内外から数多くのブランドが溢れかえり、その購入方法もさまざまです。

新品の電化製品を購入する時に電気事故のことを考える方は少ないでしょう。

自分自身や身の回りの人がそうした境遇にでもならない限り、自分には関係のないものと思いがちですが、“100%の安全”はありません。

特に古い電化製品は電気事故の確率を高めます。

最近では高齢者の電気事故が多くみられ、壊れるまで買い替えないケースが増えているといいます。

新品でも月日が経てば当然古くなり、購入時に安全性を確認した製品でも経年劣化には耐えられません。

その不安を解消する備えのひとつとなるのが「Sマーク」です。

「Sマーク」の付いた製品は少し高価にはなりますが、安全が担保されていることや、長くご使用されることを考えれば、製品を選ぶ際には是非意識していただきたいポイントとなります。

また、安全マークがあることで慢心せず定期的な電気点検を続けていくことが大切です。

電気屋さんで購入した家電製品は全て安全だと盲信するのではなく、自分自身の目で安全性を確認しておけば、先に起きるかもしれない電気事故を未然に防ぐことに繋がるのです。

只今、無料トライアル実施中!!

弊社では全国の様々な企業様で使われているSMS送信サービス

『プッシュPro-SMS』の無料トライアルを実施しております。

・国内3大キャリア(docomo・au・SoftBank)との直接接続で開封率99.9%‼

・全キャリア長文SMS送信 ※最大660文字までのSMS配信に対応。

・PDFやExcel、CSVなど様々なファイルの添付が可能 

・誤送信防止機能

・24時間 365日 万全のサポート体制

シンプルな操作方法で,様々な業務の効率化を解決するツールとして多くの企業様に活用されています。

使用例 : 本人確認、申し込み、 決済通知、督促連絡、業務連絡、プロモーション用途など

実際のシステムをお試しいただくことで、より明確な使用時のイメージをお持ち頂けます。

下記バナーよりお気軽にお問い合わせください。

その他カテゴリの最新記事