NEWS

最新トピックス

近い将来、AIに仕事が奪われる ⁉ 「AI失業論」の真実とは

近い将来、AIに仕事が奪われる ⁉ 「AI失業論」の真実とは

2013年、AI(人工知能)の研究を行っている米オックスフォード大学のマイケル・A・オズボーン准教授が「A技術の発達で、20年後の将来には47%の仕事がなくなる」という衝撃の研究報告を発表した。

この論文は世界的な反響を呼び、それ以来「AIによって仕事が奪われる時代が来る」など、なくなる仕事、残る仕事の議論は尽きることはありません。

AIが仕事を奪うとは?

近年の第三次人工知能ブームにより、AIは加速度的な発展をとげている。

AIの発展によってなくなる可能性があるといわれているのは、人の手で行うよりもAIで行った方が正確性や作業効率が向上する仕事だ。

まず、真っ先になくなるだろうと言われているのが事務関係の仕事だ。

現在、企業の中では業務の電子化やペーパーレス化が進んでおり、すべての資料が電子化となれば、データ処理や数字を扱う事務関係に就いている人たちの仕事が無くなっていくと言われている。

特に資料を確認してハンコを押すだけの作業や、データを打ち込むだけの単純作業は、人の手で行うよりもAIシステムに任せた方がミスも少なく、効率も良い、極めて高いパフォーマンスを得ることが可能になるのだ。

次に、監視の性質が高い警備員警察官

人の目では隅々まで行き届かない部分もあるが、センサーを使えば24時間休まずに監視してくれる。

さらに、タクシーやバスの運転手
現在、車の自動運転化が急速に進んでいる。完全に自動運転化されれば、プログラミングをするだけで目的地までAIが運転してくれる時代になると言われている。

こちらに関しては事故が発生した場合の責任問題などあるが、それが解決されれば自動運転の車が街中を走る日もそう遠くはないだろう。 

また、測量や計測などといった仕事も、AIが得意とする分野の1つ。

電気やガスの検針測量士などは人の手ではなく、AIによって測量したりするようになるだろう。

難関国家資格の1つである気象予報士も、AIが発達すればさまざまな天候データを基にして、人がするよりもさらに正確に天気予報を分析できるようになっていくと言われている。

これまで資格を持っていなければ出来なかった仕事に就いている人も油断はできない。

他にも工場の作業員など、機会を操作して商品を加工したり、工具を利用してモノづくりをする仕事。

受付業務ビルの清掃員などの仕事もAIにとって替わられると言われている。

実際の影響は?本当に怖いのは。。。

このほどオランダでは、国内にある約4万社を対象とし、500万人ほどの従業員を2000年から2016年まで追跡調査。

大企業から中小企業、工場からサービス業まで、さまざまな業種に機械を導入し、オートメーション化が進んだことと、年収の増減や失業率、福利厚生などにどのような影響があったかなどが分析された。

それによると、大方の予想とは反対に、

大規模なオートメーション化が実施された企業であっても、大量の人員整理などが行なわれた会社は見当たらなかったという。

また、イギリスで産業革命が起こったときも、日本で工場に工業用ロボットが導入されたときも、労働者からは機械が仕事を奪うと良く似た心配が口にされたが、急激に失業者が増えたりはしなかったのだ。

だが実は、明らかに影響を受けている部分があるという。

今回AI導入のあおりで即人員整理を行った企業こそなかったものの、徐々に勤務日数や時間の短縮が進んだケースが続発。

結果として、総合的にその後の従業員の年間給与が平均して11%減となり、その状態が5年ほど続くことが認められたのだ。

つまり、解雇こそされなかったとは言え、給料1割カットのまま5年間働き続けなければならないというわけだ。

これはオランダでの調査結果だが、もし米国内で同じことが起きれば、給与カットの幅は更に大きくなるだろうと予想されている。

McKinseyが世界の名だたる1300社の企業を対象にして実施した調査では、今後1年以内にオートメーション化に踏み切る部署があると答えたのは、なんと全体の4分の3にも上った。

世界のトップ企業は続々とAIを導入し、人件費削減をもくろんでいると考えてもよいだろう。

AIと共存していく

AIは今後更に社会にとって必要不可欠な存在となっていくことが予測されている。

だが、正直なところ様々な文献やメディアによって、将来予測は異っている。

技術の発展がめまぐるしいために、未来を想像することは難しいのであろう。

変わっていく将来に対応するために、慎重にキャリアを見直してみること、もしAIによって新しく生まれた仕事にチャレンジできる機会があれば、臆せず飛び込んでみてはいかがだろう。

只今、無料トライアル実施中!!

弊社では全国の様々な企業様で使われているSMS送信サービス

『プッシュPro-SMS』の無料トライアルを実施しております。

・国内3大キャリア(docomo・au・SoftBank)との直接接続で開封率99.9%‼

・全キャリア長文SMS送信 ※最大660文字までのSMS配信に対応。

・PDFやExcel、CSVなど様々なファイルの添付が可能 

・誤送信防止機能

・24時間 365日 万全のサポート体制

シンプルな操作方法で,様々な業務の効率化を解決するツールとして多くの企業様に活用されています。

使用例 : 本人確認、申し込み、 決済通知、督促連絡、業務連絡、プロモーション用途など

実際のシステムをお試しいただくことで、より明確な使用時のイメージをお持ち頂けます。

下記バナーよりお気軽にお問い合わせください。

IT技術関連カテゴリの最新記事