NEWS

最新トピックス

一つの時代の終わり。 「iモード」「FOMA」が2026年3月でサービス終了

一つの時代の終わり。 「iモード」「FOMA」が2026年3月でサービス終了

2019年10月29日、NTTドコモは第3世代(3G)の通信サービス「FOMA(フォーマ)」と、携帯電話からインターネットに接続できるサービス「iモード」を2026年3月末に終了すると発表した。

ネット上には「センター問い合わせ」など、当時のサービスを懐かしむ声が集まっている。

第5世代突入

終了理由については、「4G(第4世代通信方式)の普及によりデータ通信の高速・大容量化が進み、「ガラケー」と呼ばれる従来型携帯電話の利用者の減少と、5G(第5世代移動通信方式)に経営資源を集中するため」とのことだ。。

3G携帯電話では広く普及したiモードの潮目は「スマホ」の登場と言えるだろう。

2010年3月時点で契約者数は4800万を超えていたiモードだが、Androidスマートフォンでは対応しなかったことで契約者数が急速に減少した。

また、既に発表されている通り「FOMA」音声プランおよび「iモード」は、2019年9月30日で既に新規受付を終了。

現在契約中のユーザーについては10月以降も利用は可能だが、2020年代半ばごろに3Gサービスが終了する関係で、それまでにiモード機能が使用できなくなるという。

ネット上では「ありがとうiモード」「また1つの時代が終わろうとしている」など、感謝の声や、サービス終了を惜しむ声も上がっている。

「FOMA」「iモード」の歴史

「iモード」は1999年にサービスを開始。

携帯電話でメールの送受信やウェブサイトの閲覧などができるという世界初のサービスだった。

2001年に開始されたドコモの3G(第3世代移動通信方式)「FOMA」と共に成長し、2000年代には世界のモバイル通信サービスの中でも先進的なサービスとなっていた。

天気やニュースのチェック、ブラウザ機能などさまざまなサービスがあった中で人気を博していたのが「iモードメール」。

iモードユーザー同士であれば「iモード絵文字」を使えるなど、大人たちだけでなく、学生世代にも携帯メール文化が広まるきっかけの一つとなった。

今では当たり前となった「絵文字」も実はiモードが発祥である。

人々と共に歩んだ「iモード」

iモードに関する思い出というと、まず全員が思いつくのが「センター問い合わせ」という機能ではないだろうか。

誰もが「センター問い合わせ」の文字に胸を躍らせ、iモードは生活の一部だった。

メールの送受信には少し時間が掛かるのが常識。

地下鉄など電波が届きにくい場所へ行くと、アンテナを伸ばして電波の入る場所を探したり…というのが日常であった。

メールについては、女子高生の間でデコ絵文字が流行。

また、返信を繰り返すと件名に『Re:』が追加されていき、最終的にはタイトル欄が『Re:』で埋め尽くされていた、というような懐かしいエピソードもあった。

更に、メール文化が発達するにつれて「用途によって着メロを変える」というユーザーが増え、着メロや着うたのサービスが多くの人に親しまれていた。

着うたについては、2007年から2010年ごろまでが全盛期と言われているが、iPhone 3Gが登場したことをきっかけに低迷。

2016年には着うたの商標を持つソニーの子会社であった「レコチョク」が

「大好きな音楽を聴けば、いつだって僕らはDream Fighterになれます。サラバ、愛しき悲しみたちよ。次は、いつ、どこから、どんなかたちで、みなさまを驚かせることができるのか。愛詞(あいことば)『音楽は、夢を見る。』。どうぞ、レコチョクにご期待ください」

と着うた全盛期を支えた楽曲の歌詞をちりばめてサービスの終了を発表している。

3G回線は、ドコモが2020年代半ばごろ、KDDI(au)が22年3月末で終了すると発表している。ソフトバンクは未定だという。

携帯電話からインターネットや電子メールを楽しめるサービスの先駆けとして時代を牽引し、多くの人々の生活を彩ってきたiモード。

感謝と共に、5Gという新しい時代の幕開けを心待ちにしている。

只今、無料トライアル実施中!!

弊社では全国の様々な企業様で使われているSMS送信サービス

『プッシュPro-SMS』の無料トライアルを実施しております。

・国内3大キャリア(docomo・au・SoftBank)との直接接続で開封率99.9%‼

・全キャリア長文SMS送信 ※最大660文字までのSMS配信に対応。

・PDFやExcel、CSVなど様々なファイルの添付が可能 

・誤送信防止機能

・24時間 365日 万全のサポート体制

シンプルな操作方法で,様々な業務の効率化を解決するツールとして多くの企業様に活用されています。

使用例 : 本人確認、申し込み、 決済通知、督促連絡、業務連絡、プロモーション用途など

実際のシステムをお試しいただくことで、より明確な使用時のイメージをお持ち頂けます。

下記バナーよりお気軽にお問い合わせください。

IT技術関連カテゴリの最新記事