NEWS

最新トピックス

世界一幸せな国フィンランドで、世界で最年少「34歳の女性首相」誕生!

世界一幸せな国フィンランドで、世界で最年少「34歳の女性首相」誕生!

国連が毎年発表している幸福度ランキングで2年連続世界1位を獲得しているフィンランド。

そしてこの度フィンランドでは、史上3人目の女性首相で、世界で最も若い女性首相が誕生した。

小国でありながら、様々な指標で上位に入るフィンランド。その秘密とは。

 

世界で最年少「34歳の女性首相」誕生!

12月10日、現職の首相としては世界で最年少となる34歳のサンナ・マリン氏が、フィンランドの新しい首相に就任する見通しとなり、全世界から注目が集まっている。

特筆すべき点は、女性で最年少で首相になったことと、いわゆるレインボーファミリー(同性カップルの家族)で育ったことだ。

マリン氏は親のアルコール依存と離婚、貧困を経験し、その後母親とその女性パートナーに育てられた。

義務教育では成績は特に良い方ではなかったが、高校時代に改善。

その後様々なアルバイトを経て家系の中で初の大学生となり、政治の道へ進んだのだという。

彼女はこのような家庭環境の中で「福祉制度と教師が救ってくれた」と語っており、社会支援の重要性・平等の大切さを身をもって感じた経験から政治家になったのだそうだ。

2015年に初当選し、わずか4年で首相にまでのぼりつめており、その何を取っても日本の政界と比べるとやはり驚きだ。

「最年少」かつ「女性」というのは珍しくない

ここで面白いのは、フィンランド以外の世界では「世界最年少・女性」というポイントが注目を浴びているが、一方本国フィンランドでは「若さ・女性」というのは特に珍しくないという点だ。

むしろ、このニュースに対するフィンランド国民の受け止め方は「年齢や性別に関係なく、スキルや才能、人となりが重視され、その立場にふさわしい人がきちんと着任できて力を発揮できる自国のシステムを誇らしく思っている」といったところだ。

年齢や性別に関係なく能力を発揮できる社会になっているのがフィンランドだと言えるだろう。

そんなフィンランドで発足した新内閣は女性12人・男性7人、平均年齢47歳となっているが、日本の安倍内閣は、平均年齢は61歳。女性閣僚は現在19人中3人となっている。

日本から見ると「女性を積極的に登用している」と見えるかもしれないが、男女平等が進むフィンランドでは、女性が政治の世界で活躍するのは当たり前で、性別や年齢にとらわれずスキルや才能が重視される価値観があるということだ。

歴代3人目にして最年少の女性首相が誕生しつつあるフィンランドと歴代男性の首相しかいない日本。

どちらがいいという話ではないが、多様性という点ではフィンランドが進んでいるといえそうだ。

幸福度ランキング、2年連続で世界1位

この幸福度ランキングとは、国のGDP、社会的支援、健康寿命、人生の選択の自由度、社会的寛容さ、社会の腐敗度といった要素を元に、国民に今の幸せの評価を聞いた調査結果だ。

2019年は世界の156カ国を対象に調査をしており、日本は58位。

トップ10のうち北欧諸国が半数を占めている。

そんなフィンランドの特色としてよく聞くのは、本当に可能なのか?と思わずにはいられないものばかりである。

  • 1人あたりのGDPが日本の1.25倍
  • 偏差値と学歴が存在しない
  • 在宅勤務3割
  • 残業なし
  • 1日2回のコーヒー休憩
  • 睡眠は7時間半以上
  • 夏休みは1か月
  • サウナは接待やおもてなしの場
  • 学力世界一位

など。

例えば、『残業しないのが、できる人の証拠』『16時を過ぎるとみんな帰っていく』これは、残業が仕事を頑張っている一つのものさしのようになっている日本とは真逆の考え方だ。

そして『偏差値や学歴で判断しない』教育で育ってきたフィンランド人は、大人になって肩書は関係ないというような、オープンフラットな会社組織を作り出している。

またコーヒー休憩が法律で定められている為『1日2回のコーヒー休憩でコミュニケーションをとる』というのも、何よりも人同士のコミュニケーションを大切にしている国民性の表れと言えるだろう。

そしてフィンランドではノーサウナ・ノーライフと言われるほどサウナ文化が根付いており、『サウナは接待やおもてなしの場にもなる』というように、なんと大使館の中にも存在し、身分に関わらず打ち解けられる場ということで、外交にも取り入れているそうだ。

どれを取っても、フィンランド人が『自分らしい、ゆとりのある生活』を送っている光景が見えてくる。

小国でありながら、経済を維持、成長しつつ、様々な指標で上位に入るフィンランド。

日本でフィンランドのすべてをマネすることは不可能かもしれないが、ワークライフバランスや「ゆとり」の部分では参考にできる習慣が大いにあるのではないだろうか。

世界の様々な文化を取り入れながら、日本の幸福度も更に上がっていくことを願うばかりだ。

只今、無料トライアル実施中!!

弊社では全国の様々な企業様で使われているSMS送信サービス

『プッシュPro-SMS』の無料トライアルを実施しております。

・国内3大キャリア(docomo・au・SoftBank)との直接接続で開封率99.9%‼

・全キャリア長文SMS送信 ※最大660文字までのSMS配信に対応。

・PDFやExcel、CSVなど様々なファイルの添付が可能 

・誤送信防止機能

・24時間 365日 万全のサポート体制

シンプルな操作方法で,様々な業務の効率化を解決するツールとして多くの企業様に活用されています。

使用例 : 本人確認、申し込み、 決済通知、督促連絡、業務連絡、プロモーション用途など

実際のシステムをお試しいただくことで、より明確な使用時のイメージをお持ち頂けます。

下記バナーよりお気軽にお問い合わせください。

その他カテゴリの最新記事