NEWS

最新トピックス

動物と触れ合うだけで、大幅なストレス軽減に。アニマルセラピー

動物と触れ合うだけで、大幅なストレス軽減に。アニマルセラピー

動物と触れ合って心を癒やすという「アニマルセラピー」

たった10分触れ合うだけで、ストレスが大幅に軽減されるという。

動物が人間に及ぼすプラスの効果とは?

アニマルセラピーとは

アニマルセラピー起源は古代ローマにさかのぼるといい、戦いで傷ついた兵士のリハビリとして、馬によるセラピーが行われていたそうだ。

現在でも馬のセラピーは行われており、その他には犬やイルカと触れ合うセラピーなどがよく知られている。

動物とのふれあいを通して心や体を癒していくアニマルセラピーの取り組みは、世界各国で積極的に行われており、その効果は高く評価されている。

近年、かつてないほどストレスに晒されているというアメリカの学生にも、この動物との触れ合いプログラムが学校主導で実施されているという。

だがこれまで、このプログラムが実際に効果的だという科学的証拠は、これまでほとんど挙げられていなかった。

しかし今回、ワシントン州立大学の研究者らが対象者の唾液サンプルから客観的な触れ合いへの影響を研究。

動物との触れ合いが学生のストレス軽減に客観的に役立つのかどうかという研究結果を発表した。

その結果、わずか10分ほど動物を撫でるだけで、生徒の身体的ストレスレベルに大きな影響を与える可能性があることを突き止めたのである。

ちなみに別の研究でも、15分間動物と触れ合うことにより、学生の心理的ストレスと共に、血圧がほぼ即座に低下したという結果も得られている。

もちろん動物が苦手な人、動物好きでもアレルギーのある人はその症状がストレスとなってしまうこともあるので、全ての人が動物を撫でることでストレスや不安を軽減させることに繋がるとは言えない。

だが、いずれの研究結果も、動物を撫でることは動物と結びつく最も強力な方法の1つであり、私たち人間にとっても健康と幸福の両方に有益であることを示している。

セラピードッグの活躍

様々な障碍を持つ人の心の支えとなり、運動機能を補助する目的で、高度な訓練を施された犬は「セラピードッグ」と呼ばれており、その活躍は目を見張るものがある。

犬種はチワワなどの小型犬から、シェパードのような大型犬まで様々。

犬は飼い主に絶対的な忠誠心を尽くす性質を持っている。

飼い主の気持ちを敏感に察知し、悲しんでいれば慰めようとし、危険な行為であるなら身をていしてそれを止めようとする。 

セラピー犬に必要なのは社会性で、生後3か月ぐらいからほかの犬と一緒に過ごすことに慣れさせ、1歳前後から本格的な訓練を行う。

音やにおいに驚いたりしない、しっぽや耳を引っ張られても怒らない、口に手を入れられてもかまないなどといった訓練を行い、認定試験に合格した犬がセラピー犬として活動できる。

とても厳しい訓練で、犬の適正も問われるが、人間との強いつながりを持ち、重要な任務を与えられることで喜びを覚える犬もいるそうだ。

セラピードッグによるドッグセラピーは、高齢者や認知症、自閉症など様々な障碍を持つ人々の心や身体のリハビリテーションを目的としている。

実際に高齢者施設では、認知症の高齢者が、昔飼っていた犬の思い出を話したり、犬に触りたくて不自由な手を動かそうとしたりする様子が見られたそうだ。

状況や環境に応じて、保育園などには力加減を知らない子どもが触っても動じない大型犬、高齢者施設には抱っこできる小型犬といったように、訪問先によって連れて行く犬を決めるそう。

またドッグセラピーで癒されるのは人だけではない。

様々な虐待、遺棄、ストレス等によって傷ついた犬に対し、人間社会との共存を目的とするリハビリテーションに対しても使われることがあるという。

日本では盲導犬や介助犬などが多く知られているが、セラピー犬の活躍も是非知ってほしい。

動物と共に生きることができれば、人間同士のトラブルも今より少なくなるのではないだろうか。

今後のアニマルセラピーの可能性に期待をしたい。

只今、無料トライアル実施中!!

弊社では全国の様々な企業様で使われているSMS送信サービス

『プッシュPro-SMS』の無料トライアルを実施しております。

・国内3大キャリア(docomo・au・SoftBank)との直接接続で開封率99.9%‼

・全キャリア長文SMS送信 ※最大660文字までのSMS配信に対応。

・PDFやExcel、CSVなど様々なファイルの添付が可能 

・誤送信防止機能

・24時間 365日 万全のサポート体制

シンプルな操作方法で,様々な業務の効率化を解決するツールとして多くの企業様に活用されています。

使用例 : 本人確認、申し込み、 決済通知、督促連絡、業務連絡、プロモーション用途など

実際のシステムをお試しいただくことで、より明確な使用時のイメージをお持ち頂けます。

下記バナーよりお気軽にお問い合わせください。

生活カテゴリの最新記事