NEWS

最新トピックス

iPhoneは、世界をどう変えたのか?

iPhoneは、世界をどう変えたのか?

アップル創業者であるスティーブ・ジョブズは、「全てを変える」と言ってiPhoneを発表した。

今日、私たちが当たり前のこととして見過ごしてしまっている多くのことが、この伝説の発表なくしては成り立たなかったと言っても過言ではない。

iPhoneは、これまでにどう世界を変えてきただろう。

iPhoneは“世界”をポケットに収めてくれるデバイス

総売上高259億9000万ドルとも言われるiPhoneを知らない人はいないと言っても過言ではない。

スティーブ・ジョブズによって2007年に発表されて以来、iPhoneは15億台近くが販売され、アプリ開発者とアクセサリーメーカーのための巨大ビジネスを生み出し、わたしたちの生活を一変させた。

12年前にスティーブ・ジョブズが「アップルは電話を再発明する」と宣言し、それから数年後に我々は彼らが電話だけでなくデジタル機器の生態系のすべてを再発明してしまったことに気づかされる。

その変化はあまりに大きく、5年後、アップルが世界で最も価値のある企業になったが、多くの人はそれを当然と受け止めたことだろう。

いまでは数え切れない数の人たちが、iPhoneを唯一のコンピューターとして使っている。

それだけではない。

iPhoneはコンピューターであると同時に唯一のカメラであり、GPS端末、音楽プレーヤー、コミュニケーションツール、旅行計画ツール、出会い系ツール、決済ツールの役割まで果たしている。

それまで、音楽を聴くのはiPod、通話は携帯電話、インターネット通信はPCと、デバイスによって役割が分かれているのが常識だった。

プレゼンテーションで「These are not three separate devices, this is one device(これは分かれた3つのデバイスではない、これは1つのデバイスだ)」と述べたように、iPhoneがあれば、人は複数のデバイスを持つ必要がなくなったのだ。

iPhoneは“世界”をポケットに収めてくれるデバイスなのだ。

「シンプル」を追求したスティーブ・ジョブズ

ジョブズは、シンプルであることに徹底的にこだわった。

だからこそキーボードをなくし、大画面とホームボタンのみのiPhoneが生まれたと言えるだろう。

それまでキーボードでの入力が基本だった携帯電話だが、iPhoneに設置されたのは、ホームボタンだけ。

これにより、例えば拡大や縮小など複雑な操作もタッチパネルを指で直接触ることで簡単に操作可能になった。

17年に発売されたiPhone Xはいよいよホームボタンもない全面スクリーンとなり、5.8インチという大画面が実現した。

更にマルチタッチの導入は、それまでの各国の言語に合わせてキーボードを制作するという常識も変えた。

ソフトウエアで画面にキーボードを表示するため、その国の言語に合わせて表示を切り替えられる仕様になり、全世界が同じiPhoneを手にする時代を迎えることになった。

不必要なものは全て削ぎ落とした結果、機能的でシンプルなiPhoneが出来上がった。

アプリ産業の誕生

最も重要なのは「App Store」の誕生だろう。

iPhoneは必要最低限の機能のみを装備し、ユーザー自らが好きなアプリケーションを追加してカスタマイズしていくスタイル。

アプリケーションを追加することが基本であるiPhoneは、ビジネスの生み方まで変化させた。

Instagram、LINEやTinderを例に挙げればわかるように、現代において、アプリ開発をビジネスの基本にし、iPhoneを当初の意図通りの「ポケットコンピューター」へと変化させた。

開発者は、ただちにソフトウェアを制作して何百万人ものスマートフォンユーザーに販売できるようになった。

ほぼ間違いなくApp Storeは、テック産業と社会一般の双方にとって最も重要な貢献だったと言える。

ロック解除、決済もFace IDで

近年のiPhoneで最も画期的なイノベーションは、顔認証技術(Face ID)だろう。

顔認証技術とは、生体認証技術の一種。目、鼻、口など顔の情報からその個人を特定・識別することができるシステムだ。

iPhoneXで初搭載され、指で操作することなく、スクリーンに顔を向き合わせるだけでiPhoneのロックを解除できるようになった。

世界的に加速する電子決済においても、パスワードを入力しなくとも顔認証・FaceIDで決済を行うことが可能に。

これによりパスワード入力の時間・手間が短縮された上、セキュリティ面でも安全性が向上した。

今後は最高水準の指紋認証の開発等により、パスポートやIDカードに置き換わるとも宣言している。

またアップルは、当初からカメラ機能がスマートフォンの最大の武器になりうると理解していたようだ。

自撮りカメラとHD動画の撮影機能を搭載した「iPhone 4」の発売以来、アップルのカメラは最高水準を維持してきた。

その他、GPS機能やバッテリー時間の拡大、ディスプレイの美しさ・大きさ、耐水・耐久性など、iPhoneの進化は続いている。

誕生以来、時代の変化を牽引してきたiPhoneは、これからはどう世界を変えていくだろう。

只今、無料トライアル実施中!!

弊社では全国の様々な企業様で使われているSMS送信サービス

『プッシュPro-SMS』の無料トライアルを実施しております。

・国内3大キャリア(docomo・au・SoftBank)との直接接続で開封率99.9%‼

・全キャリア長文SMS送信 ※最大660文字までのSMS配信に対応。

・PDFやExcel、CSVなど様々なファイルの添付が可能 

・誤送信防止機能

・24時間 365日 万全のサポート体制

シンプルな操作方法で,様々な業務の効率化を解決するツールとして多くの企業様に活用されています。

使用例 : 本人確認、申し込み、 決済通知、督促連絡、業務連絡、プロモーション用途など

実際のシステムをお試しいただくことで、より明確な使用時のイメージをお持ち頂けます。

下記バナーよりお気軽にお問い合わせください。

IT技術関連カテゴリの最新記事