NEWS

最新トピックス

広島原爆から75年。当時の様子をTwitterで発信

広島原爆から75年。当時の様子をTwitterで発信

2020年8月6日。

広島は、原爆が投下されて75年となる「原爆の日」を迎えたこの日。

日本全国で犠牲者を追悼する祈りに包まれました。

75年の節目となる平和記念式典

当時の広島市の人口35万人(推定)のうち、9~17万人もの命を奪ったとされる原爆投下から75年。

広島市では午前8時から平和記念式典が開かれ、夜明け前から被爆者や遺族などが訪れ、追悼の祈りをささげました。

新型コロナウイルスの影響で、例年どおりの追悼が難しい状況となる中、

今年の式典は感染を防ぐため会場の平和公園への入場が規制され、一般の参列者席をなくす等の対策のもと行われ、安倍総理大臣のほか、およそ80の国の代表などが参列しました。

原爆投下時刻の午前8時15分に合わせて黙とうが捧げられ、核兵器禁止条約の締約国になるよう求めました。

ひろしまタイムライン

戦後75回目となる広島原爆の日を迎えたこの日、ネットでは「ひろしまタイムライン」というキーワードがトレンド入りし、話題になっています。

これはNHK広島放送局の企画で、「もし75年前にSNSがあったら、市民は何をつぶやいたか」というコンセプトのもと、

実際に1945年の広島で生活していた、実在する原爆被害者3人の日記を基に、同局のスタッフが75年前のちょうど同じ日に、3人がつぶやいていそうな内容を再現したツイートを投稿するというもの。

Twitter上に開設されたアカウントは、広島の新聞記者で妻と暮らす一郎さん(32)、夫が出征中で広島市に疎開していたやすこさん(26)、中学1年生のシュンちゃん(13)の3つ。

この日は原爆投下時刻の午前8時ごろから、

「ものすごい光 地響き、家が揺れて 電気の傘やガラスがふきとんで」

「みるみる、真っ赤な雲が、みるみる盛り上がっていく。とてつもなく巨大。西北上空」

「顔が崩れている…目も鼻も」

「先ほどの母親はもう動かなかった」

など、3人が原爆を受けたときの様子をそれぞれリアルタイムでつぶやいている。  

惨状を報告するツイートにフォロワーからは「今すぐ綺麗な水を確保」「お願い、外に出ないで」「逃げてくれ」とリアルタイムさながらに訴える書き込みも散見されました。

あまりのリアルさに「涙が出てくる」といった声も。

75年前のつぶやきを再現するために、NHK広島のスタッフは当時の日記や資料を調査するだけでなく、料理を再現したり日記に書かれた道を実際に歩いたりして、書かれていた内容を実際に体験することで「この人だったらどんなことを投稿するか」を想像したという。  

75年が経ち、若い世代の中にはあの日、この場所で何が起きたのか知らない人もたくさんいます。

この日の戦争を知らない世代にも、一度訪れたことのある人にも、また広島を訪れて頂き、今一度平和の尊さをかみしめていきたいですね。

只今、無料トライアル実施中!!

弊社では全国の様々な企業様で使われているSMS送信サービス

『プッシュPro-SMS』の無料トライアルを実施しております。

・国内4大キャリア(docomo・au・SoftBank・Rakuten)との直接接続で開封率99.9%‼

・全キャリア長文SMS送信 ※最大660文字までのSMS配信に対応。

・PDFやExcel、CSVなど様々なファイルの添付が可能 

・誤送信防止機能

・24時間 365日 万全のサポート体制

シンプルな操作方法で,様々な業務の効率化を解決するツールとして多くの企業様に活用されています。

使用例 : 本人確認、申し込み、 決済通知、督促連絡、業務連絡、プロモーション用途など

実際のシステムをお試しいただくことで、より明確な使用時のイメージをお持ち頂けます。

下記バナーよりお気軽にお問い合わせください。

環境カテゴリの最新記事