NEWS

最新トピックス

会計書類に特化したAI OCRサービス「CLOVA OCR」

会計書類に特化したAI OCRサービス「CLOVA OCR」

日々進化していくAIテクノロジー。

この度、LINE株式会社AIカンパニーが、LINE CLOVAのAI技術を活用した文字認識サービス「CLOVA OCR」において、会計書類に特化した「CLOVA OCR(レシート・領収書特化型)」、「CLOVA OCR(請求書特化型)」の提供をスタートした。

ワークスモバイルが「LINE CLOVA」との協業を強化

LINEの兄弟会社であるワークスモバイルが開発・提供している「LINE WORKS」。

これは「ビジネス版LINE」ともいわれるビジネスチャットである。

このツールを通して出来ることは、チャットや音声/ビデオ通話を行える「トーク」機能、掲示板を使って社員全員で情報を共有できる「ホーム」機能、その他、メール、カレンダーなどのグループウェア機能など。

こちらはLINEとほぼ同じで、馴染みのある使いやすいツールを備えている。

一方、LINEのAIテクノロジーブランドである「LINE CLOVA」は、書類や画像に記載された文字・文章をテキストデータへ変換するサービス。

こういったOCR(文字認識)や画像認識の他に、音声認識・音声合成、チャットボットなどのAI技術をはじめ、音声応対AI「LINE AiCall」などの機能も使うことができる。

そして今回、ワークスモバイルジャパンは「LINE CLOVA」との協業を強化し、新たに企業向けソリューション開発を促進すると発表した。

会計書類に特化した支援ソリューション

「LINE WORKS」と「LINE CLOVA」の文字認識サービス「CLOVA OCR」を組み合わせ、

経理精算などの会計書類に特化したサービス、「CLOVA OCR(レシート・領収書特化型)」と「CLOVA OCR(請求書特化型)」の提供を開始することを発表した。

これにより、LINE WORKSのトーク上に領収書やレシートの写真をアップロードするだけで、文字情報を自動で読み込んでくれるので、伝票や領収書の登録、経費申請書などの入力作業の手間を軽減し、時間を大幅に削減できると期待されている。

従来のAI-OCRでは、企業ごとに異なるフォーマットのレシート・領収書・請求書の読み込みを自動化するため、どうしても事前に手作業でのフォーマット設定をする必要があった。

しかし今回提供するサービスの2つはそれぞれ、各種会計書類に特化した形式になっているので事前設定が不要になる。

新サービスで出来ること

まず「CLOVA OCR(レシート・領収書特化型)」の方は、レシートを読み込み自動で「発行日」「日付」「品目」「金額」など細かく分類を行い、それぞれ項目別にテキスト化される。

高性能な認識システムで、手書きやゆがんだ文字なども対応可能とのこと。

分類可能な項目としては、「店舗情報」「金額情報」「決済情報」「明細情報」となる。

また年内には、一般的なレシート以外にも、旅行会社やECサイトから発行されたオンライン決済明細や、手書き領収書、交通系の券売機から発行された領収書などにも対応する予定だという。  

そして「CLOVA OCR(請求書特化型)」の方では、請求金額や店舗名などの主要な情報管理はもちろん、認識範囲が広いため、品目や単価などの詳細な明細情報の認識が可能となっている。

テンプレートごとに事前設定をしておく必要がなく、認識した文字を請求書に特化した項目に自動で分類してくれる。

RPAやERP、ワークフローツールなどと連携して自社システムなどに接続すれば、大量の書類を読み取って自動化することもできるという。

今回、企業向けに提供が始まったこちらの2つのサービス。

まずはお試し感覚で、読み取り300枚まで無料で試用できるそうだ。

継続して使いたい場合は、月間1500枚で月額3000円(税別)で利用可能となっている。

只今、無料トライアル実施中!!

弊社では全国の様々な企業様で使われているSMS送信サービス

『プッシュPro-SMS』の無料トライアルを実施しております。

・国内4大キャリア(docomo・au・SoftBank・Rakuten)との直接接続で開封率99.9%‼

・全キャリア長文SMS送信 ※最大660文字までのSMS配信に対応。

・PDFやExcel、CSVなど様々なファイルの添付が可能 

・誤送信防止機能

・24時間 365日 万全のサポート体制

シンプルな操作方法で,様々な業務の効率化を解決するツールとして多くの企業様に活用されています。

使用例 : 本人確認、申し込み、 決済通知、督促連絡、業務連絡、プロモーション用途など

実際のシステムをお試しいただくことで、より明確な使用時のイメージをお持ち頂けます。

下記バナーよりお気軽にお問い合わせください。

IT技術関連カテゴリの最新記事