NEWS

最新トピックス

秋の天体ショー「オリオン座流星群」

秋の天体ショー「オリオン座流星群」

季節は、秋から冬の空気へと移り変わろうとしています。

本日10月21日(水)は、オリオン座流星群がピークを迎えます。

今回はピークが日の入り前のため、一番の見頃は21日(水)夜~22日(木)明け方の見込みになるそうです。

オリオン座流星群とは?

オリオン座流星群は毎年10月21日頃に活動のピークを迎える流星群で、ゴールデンウィークに活動のピークを迎えるみずがめ座η(エータ)流星群と同じハレー彗星を母天体としています。

明るい流星が多く、スピードが速いのが特徴で、長く痕を残して飛ぶ傾向があります。

出現数は空の条件のいいところであれば、1時間あたり5個から10個程度です。

今年は放射点が昇る頃には月は沈んでいるため、月明かりの影響は少なく、条件は比較的良くなっているようです。

ピークの前後数日は、出現する流星数があまり変化しないので、活動のピークがなだらかな流星群といえます。

今回は21日(水)の夜をピークに4、5日間は観察のチャンスがありそうです。

放射点の位置はオリオン座の右腕付近ですが、流星はあらゆる方向へと進むので、放射点の位置にとらわれずに、空全体を見渡すようにするといいでしょう。

冬の1等星にも注目

オリオン座流星群の放射点の周りには、冬に見頃を迎える星座の一等星がぐるっと取り囲む様に輝いています。

22日(木)の夜は南から南西の空で月と木星が接近、23日(金)の夜には月と土星が接近します。

両日とも3つの明るい天体が集まり、にぎやかな星空となります。

天気は西から下り坂になり、夕方以降は湿った空気や低気圧、前線の影響で全国的に雲が広がりやすいでしょう。

北陸や東北、北海道のオホーツク海側の一部や奄美地方では、雲の隙間から流星を見られる所がありそうです。

星空観察にはあいにくの天気の所が多いですが、オリオン座流星群はピークがなだらかな流星群ですので、数日間は観れるチャンスがありそうです。

秋の夜長、流れ星を待つ間に、賑やかに輝く冬の星々を楽しんでみてはいかがでしょうか。

只今、無料トライアル実施中!!

弊社では全国の様々な企業様で使われているSMS送信サービス

『プッシュPro-SMS』の無料トライアルを実施しております。

・国内4大キャリア(docomo・au・SoftBank・Rakuten)との直接接続で開封率99.9%‼

・全キャリア長文SMS送信 ※最大660文字までのSMS配信に対応。

・PDFやExcel、CSVなど様々なファイルの添付が可能

・誤送信防止機能

・24時間 365日 万全のサポート体制
シンプルな操作方法で,様々な業務の効率化を解決するツールとして多くの企業様に活用されています。

使用例 : 本人確認、申し込み、 決済通知、督促連絡、業務連絡、プロモーション用途など

実際のシステムをお試しいただくことで、より明確な使用時のイメージをお持ち頂けます。

下記バナーよりお気軽にお問い合わせください。

その他カテゴリの最新記事