NEWS

最新トピックス

はしか死者20万人超、世界中に予防接種の呼びかけ

はしか死者20万人超、世界中に予防接種の呼びかけ

WHO(世界保健機関)は12日、去年世界で報告されたはしかの症例数が86万9770件にのぼり、1996年以来最多だったと発表しました。

子どもたちに2回のワクチン接種を徹底できていないことが増加の原因との指摘もあり、

新型コロナウイルスの感染が広がる今年も、はしかの予防接種を怠らないよう各国に呼びかけています。

麻しん(はしか)とは?

麻しん(はしか)とは、麻しんウイルスによって引き起こされる急性の全身感染症です。

症状は、感染から約10-12日間の潜伏期を経て、発熱や咳、鼻水といった風邪のような症状が現れます。

目やにや目の充血に続き、39℃以上の高熱と全身に発疹が広がります。

怖いのは、免疫が低下することにより合併症を引き起こす可能性があることです。

肺炎や中耳炎を合併しやすく、患者1,000人に1人の割合で脳炎を発症することもあると言われています。

そして、この肺炎と脳炎は、麻しんによる二大死因となっています。

その他にも、10万人に1人程度と頻度は高くないものの、特に学童期に亜急性硬化性全脳炎(SSPE)と呼ばれる中枢神経疾患を発症することも稀にあります。

麻しんウイルスの感染力は非常に強く、空気感染、飛沫感染、接触感染で、ヒトからヒトへ感染が伝播するため、マスクや手洗いだけでは予防できません。

このため麻しんワクチンの予防接種がもっとも有効な予防法といえます。

免疫を持っていない人が感染するとほぼ100%発症し、一度感染して発症すると一生免疫が持続すると言われています。

かつてはすべての子供が感染していましたが、ワクチン予防が広く行われるようになり日本で発症する人は大きく減少しました。

予防接種率の停滞により、死亡者急増

WHO(世界保健機関)によると、去年世界で報告されたはしかの症例数は86万9770件。

そのうち死亡した人の数は、2016年以降の4年間で2倍以上に急増し、20万7500人。1996年以来、最多だったと発表しました。

はしかの予防接種率が世界的に停滞していることが、感染急増の原因であるとみられています。

さらに今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、通常のワクチン接種にも支障が出ており、

世界26か国で9400万人以上がはしかの予防接種を受けられない可能性があるということです。

WHOは、「世界のすべての地域で、子どもたちをはしかから守ることができていない。

ワクチンをあらゆる地域の人々に行き渡らせ、はしかの拡大を阻止しなければならない。

ワクチンがすべての人に届くように、各国を支援し、協力していく必要がある」とし、

はしかの予防接種を怠らないよう各国に呼びかけました。

只今、無料トライアル実施中!!

弊社では全国の様々な企業様で使われているSMS送信サービス

『プッシュPro-SMS』の無料トライアルを実施しております。

・国内4大キャリア(docomo・au・SoftBank・Rakuten)との直接接続で開封率99.9%‼

・全キャリア長文SMS送信 ※最大660文字までのSMS配信に対応。

・PDFやExcel、CSVなど様々なファイルの添付が可能

・誤送信防止機能

・24時間 365日 万全のサポート体制
シンプルな操作方法で,様々な業務の効率化を解決するツールとして多くの企業様に活用されています。

使用例 : 本人確認、申し込み、 決済通知、督促連絡、業務連絡、プロモーション用途など

実際のシステムをお試しいただくことで、より明確な使用時のイメージをお持ち頂けます。

下記バナーよりお気軽にお問い合わせください。

医療カテゴリの最新記事