NEWS

最新トピックス

スマホでオーダー、店舗で並ばずに受け取れるサービス。「モバイルオーダー」とは?

スマホでオーダー、店舗で並ばずに受け取れるサービス。「モバイルオーダー」とは?

日経トレンディが発表した「2020年ヒット商品ベスト30」にもランクインした「モバイルオーダー」。

今年の春ごろから本格的に始まったこのサービス。実際に使っているという方も多いのではないでしょうか?

コロナ禍で他人との接触を極力避けたいという消費者心理に寄り添い、飲食店のメニューをスマホひとつで簡単に注文できる手軽さもあり、利用は更に拡大しています。

「モバイルオーダー」とは

モバイルオーダーといっても、 様々な形態があります。

事前注文で支払いはお店という一番シンプルな形、支払いまでクレジットカードで完結するがテイクアウトのみ対応しているもの、店内での飲食の際も事前に注文できるサービスなど、

その中でも今年特に利用が拡大しているのが、スマホアプリから事前に商品をオーダーでき、商品の準備ができたら並ばずに受け取れるというサービス。

特にカウンターなどで注文、商品の受け取りなどを行うファーストフードやカフェ等では、注文時の混雑を軽減するという店側のメリットと、

時間を気にせず、自分のタイミングでじっくり注文を決められるという消費者側のメリットもあり、大手の飲食店で続々と導入が進んでいます。

会計も現金のやり取りはなくアプリで済ませられるので、お店では商品を受け取るのみ。

店舗の滞在時間が通常よりも短縮できるので、コロナ禍で他人との接触が極力減らせるという点でもメリットがあります。

時代の先取り「マクドナルド」

このモバイルオーダーを、いち早く取り入れたのがマクドナルドです。

マクドナルドは、このモバイルオーダーでコロナ禍を乗り切ったと言っても過言ではありません。

2019年4月10日には静岡県内の75店舗からサービスをスタートしており、現在は全国3,000近くの店舗まで拡大しています。

マクドナルドは用途に合わせていくつもの便利なサービスを行っています。

いずれも事前にスマホから注文をしておくのは同じ。

その後は、店舗で飲食する場合にはテーブルまで運んでくれる「テーブルデリバリー」。

ドライブスルーのレーンに並ぶ必要がなく、車に乗ったまま店舗の駐車場で商品を受け取れる「パーク&ゴー」。

そして、マクドナルドのクルー自らが商品を届けてくれる独自の宅配サービス「マックデリバリーサービス」など、様々なサービスが利用可能。※一部利用不可の店舗あり

また、全国約1130店でモバイルオーダー対応を終えたケンタッキーフライドチキンの場合、このコロナ禍で売り上げの約9割が持ち帰り対応であったという(ドライブスルーやデリバリーも含める)。  

そしてこの2社だけは、営業時間短縮などを余儀なくされていた4~5月にテイクアウト中心で売り上げを伸ばし、既存店売上高が前年を上回るという驚異的な結果を生み出しました。

そのほかにも牛丼チェーンの「吉野家」や「すき家」や、ハンバーガーチェーンの「バーガーキング」。

受取時間をアプリで教えてくれるサービスを導入した「スターバックスコーヒー」など。

それぞれ機能や対応の仕方に多少の違いはありますが、続々と大手企業がモバイルオーダーを導入しています。

年末年始にかけて、まだまだ導入する企業が増えそうなモバイルオーダー。

アフターコロナでは、このモバイルオーダーによって飲食店の混雑や行列が無くなる日が来るかもしれませんね。

只今、無料トライアル実施中!!

弊社では全国の様々な企業様で使われているSMS送信サービス

『プッシュPro-SMS』の無料トライアルを実施しております。

・国内4大キャリア(docomo・au・SoftBank・Rakuten)との直接接続で開封率99.9%‼

・全キャリア長文SMS送信 ※最大660文字までのSMS配信に対応。

・PDFやExcel、CSVなど様々なファイルの添付が可能

・誤送信防止機能

・24時間 365日 万全のサポート体制
シンプルな操作方法で,様々な業務の効率化を解決するツールとして多くの企業様に活用されています。

使用例 : 本人確認、申し込み、 決済通知、督促連絡、業務連絡、プロモーション用途など

実際のシステムをお試しいただくことで、より明確な使用時のイメージをお持ち頂けます。

下記バナーよりお気軽にお問い合わせください。

IT技術関連カテゴリの最新記事