NEWS

最新トピックス

冬至は何をする日?

冬至は何をする日?

2020年の冬至は、12月21日(月)。

冬至とは、北半球において日の出から日の入りまでの時間がもっとも短い(=夜が長い)日のことです。

冬至と言えば、かぼちゃを食べ、柚子湯に入る日として知られています。

夏野菜のかぼちゃが、どうして冬の季節である「冬至」に食べられるようになったのでしょうか。

かぼちゃを食べる意味

古来、黄色は魔除けの色とされていました。

そこで栄養価も高く、黄色いカボチャを1年の区切りである冬至の日に食べる事で、無病息災を祈ったのです。

また、運が上昇する転機となる冬至の日には、「運」を呼ぶために「ん」のつくものを食べると良いと言われています。

また、「いろはにほへと」が「ん」で終わることから、「ん」には「一陽来復」の願いが込められているのです。

かぼちゃは南瓜(なんきん)ともいうので、これにもあてはまりますね。

特に、「ん」が2個つくものは「冬至の七種(ななくさ)」と呼ばれています。

もちろん、かぼちゃもその一つで、「運盛りの野菜」と言われています。

その他ニンジンやレンコンなど、「ん」のつく食べ物を7種類食べると魔除けにもなるとも言われています。

ゆず湯に入る意味

柚子湯の起源は明らかではないのですが、日本では、冬至の日に柚子湯に入ると「風邪をひかずに冬を越せる」と言われています。

単に体を温めるだけでなく、悪い気を追い払い開運を祈る意味もあったわけですが、実際にゆず湯には血行促進や風邪予防、美肌、リラックスなどさまざまな効果が期待できるというのも理由になっています。

更に冬至を”湯治(とうじ)”に、柚子を”融通(ゆうずう)” こうした語呂合せから、冬至の日に柚子湯に入ると言われていますが、もともとは「一陽来復」の運を呼びこむ前に、厄払いするための禊(みそぎ)だと考えられています。

また、香りの強いものは邪気を寄せ付けないという考えもあり、冬が旬で、ちょうど冬至の時期に強い香りを放つゆずをお湯に浮かべるようになりました。

また、柚子は実るまで長い年月がかかるので、長年の苦労が実りますようにとの願いも込められています。

昔からの風習に習って風邪対策、今年はコロナ対策もまだまだ気を引き締めていきたいところです。

只今、無料トライアル実施中!!

弊社では全国の様々な企業様で使われているSMS送信サービス

『プッシュPro-SMS』の無料トライアルを実施しております。

・国内4大キャリア(docomo・au・SoftBank・Rakuten)との直接接続で開封率99.9%‼

・全キャリア長文SMS送信 ※最大660文字までのSMS配信に対応。

・PDFやExcel、CSVなど様々なファイルの添付が可能

・誤送信防止機能

・24時間 365日 万全のサポート体制
シンプルな操作方法で,様々な業務の効率化を解決するツールとして多くの企業様に活用されています。

使用例 : 本人確認、申し込み、 決済通知、督促連絡、業務連絡、プロモーション用途など

実際のシステムをお試しいただくことで、より明確な使用時のイメージをお持ち頂けます。

下記バナーよりお気軽にお問い合わせください。

生活カテゴリの最新記事