NEWS

最新トピックス

KDDIが新料金プラン「povo(ポヴォ)」を発表

KDDIが新料金プラン「povo(ポヴォ)」を発表

KDDI(au)は、2021年1月13日、オンライン専用の新料金「povo(ポヴォ)」 を3月から開始すると発表した。月額料金が2,480円という料金設定であるうえに、オプションを「トッピング」として用意しており、柔軟性がある。また、同時に、auとUQ mobileの両ブランドについても、新料金や5G対応について発表された。

新料金プラン「povo(ポヴォ)」

料金ブランド「povo」は、月額2,480円で20GBの通信容量というシンプルな内容と、オンライン専用取り扱いが特徴となっており、先行して発表されているNTTドコモの「ahamo」や、ソフトバンクの「SoftBank on LINE」と直接競合するもの。

月間通信容量は20GBで先行して発表された競合サービスと同等だが、月額料金は2,480円で500円も安い。

ただし、この料金には、「1回5分まで国内音声通話かけ放題」といった音声通話の無料サービスは含まれておらず、5分かけ放題(500円)を加えると、月額2980円で横並びとなる。

なお、20GBの通信容量は、オプションなしでテザリングでも利用可能。海外ローミングは内容を検討中で、サービス開始前に詳細を発表するとしている。

なお、「ahamo」と同じくキャリアメールには非対応となっている。

ひとりひとりのニーズに合わせて

大きなポイントとなるのは他社にはない独自の「トッピング」という仕組みである。

これはベースとなる料金プランに、必要に応じてさまざまなオプションをスマートフォンアプリ上の簡単な操作で追加できる仕組み。

サービス開始当初は月額500円の「5分以内通話かけ放題」や「データ追加 1GB」、そして200円の料金を支払うことで24時間データ通信が使い放題になる「データ使い放題」などのトッピングが用意されるとのこと。

今後は通信だけでなく、コンテンツやサービスなども絡めたトッピングの提供も検討されているようだ。

このトッピングの仕組みは、シンガポールのCircles Life社のノウハウを取り入れたもの。

KDDIは元々、Circles Life社のノウハウを活用したモバイル通信サービスを、子会社を設立してMVNOとして展開しようとしていたが、ahamoの登場によって競争環境が大きく変化したことを受け、急遽KDDI自身で展開するに至ったのがpovoとなるようだ。

povoという名称は、「point of view(視点)」と、ラテン語で「卵から」「最初から」を意味する「ab ovo」から取っており、「新たな視点による、成長するサービス」という意味を込めたという。

只今、無料トライアル実施中!!

弊社では全国の様々な企業様で使われているSMS送信サービス

『プッシュPro-SMS』の無料トライアルを実施しております。

・国内4大キャリア(docomo・au・SoftBank・Rakuten)との直接接続で開封率99.9%‼

・全キャリア長文SMS送信 ※最大660文字までのSMS配信に対応。

・PDFやExcel、CSVなど様々なファイルの添付が可能

・誤送信防止機能

・24時間 365日 万全のサポート体制
シンプルな操作方法で,様々な業務の効率化を解決するツールとして多くの企業様に活用されています。

使用例 : 本人確認、申し込み、 決済通知、督促連絡、業務連絡、プロモーション用途など

実際のシステムをお試しいただくことで、より明確な使用時のイメージをお持ち頂けます。

下記バナーよりお気軽にお問い合わせください。

IT技術関連カテゴリの最新記事