NEWS

最新トピックス

謎のアプリ「Clubhouse」が話題!

謎のアプリ「Clubhouse」が話題!

2021年1月下旬、iPhoneユーザーの間で突然「Clubhouse(クラブハウス)」というアプリがはやりだした。

「音声版Twitter」ともいわれているSNS(交流サイト)だ。

登録すれば、誰でも「ルーム(部屋)」を作ることができ、みんなのおしゃべりが始まり、数十人から数百人が集まる。

「Clubhouse」はどんなアプリ?

ティックトック、ツイッターやフェイスブックと違って、クラブハウスがコミュニケーションに使うのは音声のみ。メンバーは好きな「ルーム(部屋)」を選んでさまざまなテーマについて話をする。

「オーディエンス」として話を聞くだけでもいいし、挙手してモデレーターの許可を受ければ「スピーカー」として話に参加できる。

ユーザーが自分のルームを持つこともできる。ひとつのグループには最大5000人が参加可能だ。数人がしゃべっている会話に残りの人が耳を傾けるようになっている。

テキストでのやりとりや保存は一切できず、会話を聞いたり議論に参加したりと音声の交流を楽しむ。音楽や時事問題、政治、ビジネス、車やゲーム、エクササイズでも、ユーザーが好きなテーマについて話し合うことができる。

現在はIT(情報技術)企業の会社員やインフルエンサーたちの利用が多い。

「Clubhouse」の特徴

クラブハウスの大きな特徴は、非常に「フラット」だということだ。

(チャンスがあれば)著名人の人とも気軽に言葉を交わせたり、見知らぬ人とも上下関係を感じることなく会話ができたりと、フラットなスタンスで参加できる。

また「Clubhouse」を始めるためには、誰かに招待されないと始めることができない完全招待制ということ。

Clubhouseは現状、既存ユーザーからの招待でしか登録できない。もっとも早く参加する方法はユーザーからメッセージで招待を受けることだが、1人が持つ招待枠はたったの2枠。

あとはユーザーネームを予約してウェイトリストに入り、電話番号を交換し合っている既存ユーザーへClubhouseが通知を送る時を待つしかない。既存ユーザーが通知を見て許可すれば、ウェイトリストの人も登録が可能になる。

ただし、現在はiOS版のみで、Androidユーザーは利用できない。この特徴から、ネット上では、「招待される」権利が、高いもので1万円前後で販売されることも。

1月末から日本で急速に利用者が増えている「ClubHouse」。今後どのような使われ方をしていくのか、今後の動向に注目だ。

只今、無料トライアル実施中!!

弊社では全国の様々な企業様で使われているSMS送信サービス

『プッシュPro-SMS』の無料トライアルを実施しております。

・国内4大キャリア(docomo・au・SoftBank・Rakuten)との直接接続で開封率99.9%‼

・全キャリア長文SMS送信 ※最大660文字までのSMS配信に対応。

・PDFやExcel、CSVなど様々なファイルの添付が可能

・誤送信防止機能

・24時間 365日 万全のサポート体制
シンプルな操作方法で,様々な業務の効率化を解決するツールとして多くの企業様に活用されています。

使用例 : 本人確認、申し込み、 決済通知、督促連絡、業務連絡、プロモーション用途など

実際のシステムをお試しいただくことで、より明確な使用時のイメージをお持ち頂けます。

下記バナーよりお気軽にお問い合わせください。

スマホ関連カテゴリの最新記事