NEWS

最新トピックス

3月3日は「ひな祭り」

3月3日は「ひな祭り」

ひな祭りは女の子の健やかな成長を願う行事。

「桃の節句」とも呼ばれ、それは中国で「上巳の節句」で桃の花が使われていたことに由来している。中国では桃の花に長寿や魔除けの力があると考えられ、古くから親しまれてきたため、桃の花のお酒を飲んだり、桃の葉を使ったお風呂に入ったりして厄払いをしていた。さらに、「上巳の節句」がある3月3日が桃の花が咲く時期であることも、桃の花が飾られる理由のひとつだといわれている。

日本でもひな人形に桜や桃の花、雛あられや菱餅などを飾り、ちらし寿司やハマグリの料理を楽しむ節句祭りのひとつ。「ひな人形」を飾るなど日本各地でイベントが開催されている。

なぜ人形を飾るの?

中国の習慣が日本に渡り、3月3日には穢れ払いの儀式が行われるように。

奈良時代には紙でできた人形(ひとかた)が登場し、平安時代には、紙や草木などで人の形をしたものを作り、これで体を撫でることで、病気や災いをそれに移し、川に流す「巳の日の祓」という儀式が3月3日に行われていた。これが「流し雛」と呼ばれる風習になり、お雛様の先祖になったと言われている。

また当時、貴族の女の子たちの間で「雛遊び(ひいなあそび)」が流行した。 紙でつくった人形を、同じく紙でつくった御殿のなかで遊ばせるのだ。「ひな」には、大きなものをちいさくする、かわいらしいものという意味があります。 宮中の暮らしをそのまま小さく表現したままごと遊びだ。

「無病息災の儀式」と、「ひいな遊び」が長い間に結びつき、現代の「ひな祭り」になったのではないかと言われている。

実は地域による違いがここにも…

ひなまつりに欠かせないお菓子と言えば「ひなあられ」。

このひなあられ、雑煮などと同様に地域によって味が違うという。

関東で主流なのは、軽くサクサクとした米粒状、いわゆるポン菓子を甘く味付けした米菓。炊いた米を干した昔の携帯食や保存食が、そのルーツとも言われていいるようだ。

一方、関西でひなあられというと、直径約1cmほどの小型のアラレ。様々な味や色のアラレが混ぜられている場合が多く、素焼きに塩味、しょうゆ味のもの、砂糖衣やチョコレートコーティングされたものもあり、カラフルでバラエティに富んでいるのが特徴だ。

元々のアラレは、餅を小さく欠いて作られるもの。古くから餅は祝い事に欠かせないものだったことから、ひなあられも定着したのかもしれない。

只今、無料トライアル実施中!!

弊社では全国の様々な企業様で使われているSMS送信サービス

『プッシュPro-SMS』の無料トライアルを実施しております。

・国内4大キャリア(docomo・au・SoftBank・Rakuten)との直接接続で開封率99.9%‼

・全キャリア長文SMS送信 ※最大660文字までのSMS配信に対応。

・PDFやExcel、CSVなど様々なファイルの添付が可能

・誤送信防止機能

・24時間 365日 万全のサポート体制
シンプルな操作方法で,様々な業務の効率化を解決するツールとして多くの企業様に活用されています。

使用例 : 本人確認、申し込み、 決済通知、督促連絡、業務連絡、プロモーション用途など

実際のシステムをお試しいただくことで、より明確な使用時のイメージをお持ち頂けます。

下記バナーよりお気軽にお問い合わせください。

生活カテゴリの最新記事