NEWS

最新トピックス

室内でも日焼け中?ブルーライトの危険

室内でも日焼け中?ブルーライトの危険

ブルーライトと言う単語が広く知られるようになってきたのは、ここ数年。電子機器のディスプレイから発せられる光の中でも最も放出量が多い光。

日光にもブルーライトは含まれているが、屋内でスマホを見ているだけでも浴びてしまうため、長時間の使用は体に影響を与える可能性があるといわれている。

様々な悪影響を及ぼす…?

ブルーライトの影響が最も懸念されているのが、睡眠だ。

これには人体で合成されるホルモン「メラトニン」が関係している。
メラトニンは、季節のリズムや概日リズムの調節を担っており、人体は目に入る光によって体内時計を管理するが、光が多く入るとメラトニンの分泌が抑制され、夜になって光を感じなくなるとメラトニンが多く分泌されるのだ。
メラトニンが多く分泌されることで出る生理現象が、眠気。


しかし、ブルーライトを浴びると脳は昼間と勘違いしてメラトニンの分泌を抑制。寝付きが悪くなったり生活リズムが狂ったり、さらに自律神経などにも影響を与えてしまう可能性がある。

またブルーライトは、目に悪いと言われているかもしれないが、実際は論文でも断定できないように、必ずしも目の病気や失明を引き起こすとは言えないのだ。


そんな中、日本の眼科チームでは、眼精疲労やドライアイに対するブルーライトの影響などの研究を実施。その結果、波長の短いブルーライトの光のちらつきが、眼精疲労など目の症状に影響することが確認された。頭痛を引き起こしたり、視力の低下を招くと言われている。

ブルーライトで日焼けも!?

ブルーライトは、「紫外線」に近い光の波長。
日照りが強い日には紫外線対策、UVケアをする人も多いのではないだろうか。

紫外線は、浸透率が高いことが特徴で、室内にいても日に焼けるのは浸透率が高く窓を透過してきているためと言える。同じことが肌にも言え、紫外線は肌の奥まで届きやすいのだ。
紫外線に近いブルーライトは、紫外線と同じような影響を人体に与える可能性があると考えられている。しわやしみ、色素沈着の原因につながるかもしれないのだ。

ブルーライトは、パソコンや電子書籍、LED照明などからも出ている。

昼夜を問わず、屋外屋内のどこにいても、ブルーライトを浴びる生活環境になってきたともいえる。体内時計の睡眠と覚醒のリズムが乱れて、メラトニンの分泌が減ると肥満や生活習慣病、がんなどの発症に影響するという報告もある。

就寝前はできるだけブルーライトを見ないようにするなど、節度をもった使い方や工夫が必要になっている。

只今、無料トライアル実施中!!

弊社では全国の様々な企業様で使われているSMS送信サービス

『プッシュPro-SMS』の無料トライアルを実施しております。

・国内4大キャリア(docomo・au・SoftBank・Rakuten)との直接接続で開封率99.9%‼

・全キャリア長文SMS送信 ※最大660文字までのSMS配信に対応。

・PDFやExcel、CSVなど様々なファイルの添付が可能

・誤送信防止機能

・24時間 365日 万全のサポート体制
シンプルな操作方法で,様々な業務の効率化を解決するツールとして多くの企業様に活用されています。

使用例 : 本人確認、申し込み、 決済通知、督促連絡、業務連絡、プロモーション用途など

実際のシステムをお試しいただくことで、より明確な使用時のイメージをお持ち頂けます。

下記バナーよりお気軽にお問い合わせください。

生活カテゴリの最新記事