NEWS

最新トピックス

もうすぐ土用の丑の日!

もうすぐ土用の丑の日!

今年の「土用の丑の日」は7月28日。「土用の丑の日」といえば、うなぎを食べることが1つの風習となっているだろう。うなぎは昔から、夏に精力をつけられるといわれる食べ物であるが、なぜこの日に多くの人がうなぎを食すようになったのだろうか。その起源などについて掘り下げていく。

土用の丑の日とは

土用とは、「季節の変わり目の約18日間」のこと。本来は夏だけではなく、立春・立夏・立秋・立冬の直前に、年4回ある。

なぜ“土”なのかというと、「季節の変化の種をうけとめて芽生えさせる、クッション的な準備期間」という意味が込められている。古代中国に、「この世のすべては、木・火・土・金・水の5つの要素でできている」と考える五行思想があった。春はぐんぐん育つ木、夏は燃える火、秋は実りの金、冬はシンと静かな水…と、イメージを四季に当てはめていくと、土がひとつ余る。

そこで「土」は、種をたくわえ、芽を出させるという土の働き(土用)に着目して、4分割して割り振られたのである。つまり、運気が変化する時期ということだ。

「丑の日」とは、日にちを十二支に割り当てた「丑」の日のこと。土用の約18日間にめぐってくる丑の日を「土用の丑の日」というが、今では夏の土用にめぐってくる丑の日を指すように。年によっては「土用の丑の日」が2回めぐってくることもあり、その場合は一度目を「一の丑」、2度目を「二の丑」という。

土用の丑の日とうなぎ

夏にうなぎを食べるようになったのは、1000年以上も前のこと。日本最古の和歌集「万葉集」に次のような歌がある。

「石麻呂に 吾物申す 夏痩せに よしと云ふ物ぞ うなぎ取り召せ」

意味は「痩せているきみは、夏痩せにはうなぎを食べるといい」ということを大伴家持が友人である石麻呂という人物に伝えた歌だ。

実際にうなぎはビタミンA、B群などの栄養満点の食材だ。疲労回復効果や食欲増進効果があるので、暑い夏にはピッタリといえる食材である。

「土用の丑の日」にうなぎを食べるようになったのには諸説ある。

そのなかで有力なのが、売上不振の続くうなぎ屋を助けるために蘭学者の平賀源内が土用の丑の日に宣伝したことがきっかけだという説。

丑の日には「う」の付く食べ物を食べるといいという風習があったため、土用の丑の日に「本日、土用の丑の日」とうなぎ屋に張り紙をしたところ大盛況。うなぎは栄養価も高く、夏バテにもいいということもあり、夏に食べる人が増えて売上が上がるようになったとか。

このことから、土用の丑の日はうなぎを食べる日と根付いていったようだ。

只今、無料トライアル実施中!!

弊社では全国の様々な企業様で使われているSMS送信サービス

『プッシュPro-SMS』の無料トライアルを実施しております。

・国内4大キャリア(docomo・au・SoftBank・Rakuten)との直接接続で開封率99.9%‼

・全キャリア長文SMS送信 ※最大660文字までのSMS配信に対応。

・PDFやExcel、CSVなど様々なファイルの添付が可能

・誤送信防止機能

・24時間 365日 万全のサポート体制
シンプルな操作方法で,様々な業務の効率化を解決するツールとして多くの企業様に活用されています。

使用例 : 本人確認、申し込み、 決済通知、督促連絡、業務連絡、プロモーション用途など

実際のシステムをお試しいただくことで、より明確な使用時のイメージをお持ち頂けます。

下記バナーよりお気軽にお問い合わせください。

生活カテゴリの最新記事