NEWS

最新トピックス

トイレ混雑抑止IOTサービス「VACAN AirKnock」

トイレ混雑抑止IOTサービス「VACAN AirKnock」

株式会社バカンは、トイレ向け混雑可視化IoTサービス「VACAN Throne(バカンスローン)」および「VACAN AirKnock(エアーノック)」を、渋谷区、新宿区、豊島区のファミリーマート130店舗に7月12日より順次提供すると発表した。

同サービスは、トイレの入退室をドアセンサーで検知し、滞在時間及び利用頻度を管理する。これにより、一定時間以上のトイレ滞在の場合は、利用者の安全確認が可能になる。それによって利用者の個人情報を取得することは一切ないということだ。

同社では、昨年から一部の店舗での実証実験をスタートさせており、実験の結果を踏まえ、導入を拡大することとなった。

これからはトイレの行列に並ぶことも少なくなるかもしれない?

「Throne」

手のひらに収まる程度のセンサーを、場所を選ばず簡単に設置でき、トイレや会議室の空き情報をリアルタイムに可視化できる。検知した入退室の情報に関しては、デジタルサイネージやウェブサイト、アプリなどで確認ができ、商業施設やオフィスで多数利用されているようだ。

利用者は専用ページにアクセスすることで、リアルタイムの混雑情報をPCやスマートフォンから確認できるように。これにより、混雑情報を元に最適なタイミングでトイレを利用できるようになり、「トイレ難民」の発生を抑制できる。

ギリギリでトイレに着いたもののそこには行列が…という最悪の事態も防げることになる。

「AirKnock」

VACAN Throneのオプション機能で、VACAN Throneで取得した混雑情報と利用時間を、個室内壁面に設置したタブレットに表示することができ、自主的な退室を促す長時間利用を抑制するサービス。導入済みのオフィスでは、1個室あたり1日45分のトイレ利用時間の削減効果が確認されているようだ。

同時にこれまで取得できていなかった、トイレ利用時間や頻度などのデータを取得することで、より効率的な清掃や備品管理などのオペレーションの構築が期待できる。

また、長時間の利用をリアルタイムに検知し通知することで、急病人などの発生を早期に把握できるようになる。

トイレの数が少なくても多くても、様々なかたちで活用できそうな機能。

「AirKnock Ads 」

個室内のタブレットに広告を配信するサービスがAirKnock Ads。

AirKnock AdsはAirKnockのオプション機能となり、トイレの混雑発生を抑制しつつ、店舗からのお知らせやプロモーション動画などを配信する。

トイレ内は他のコンテンツが少ないため利用者の視認性が高く集中してコンテンツを見やすい特長がある。また、同社の実証実験によると、配信した広告の理解度が70%を超える結果も出ているようだ。

たしかに、狭い個室内にタブレットがあればもはや見ない人はいないのではないだろうか。ただあまり良い広告を流すと、トイレ混雑につながる可能性があるので注意が必要そうだ。

只今、無料トライアル実施中!!

弊社では全国の様々な企業様で使われているSMS送信サービス

『プッシュPro-SMS』の無料トライアルを実施しております。

・国内4大キャリア(docomo・au・SoftBank・Rakuten)との直接接続で開封率99.9%‼

・全キャリア長文SMS送信 ※最大660文字までのSMS配信に対応。

・PDFやExcel、CSVなど様々なファイルの添付が可能

・誤送信防止機能

・24時間 365日 万全のサポート体制
シンプルな操作方法で,様々な業務の効率化を解決するツールとして多くの企業様に活用されています。

使用例 : 本人確認、申し込み、 決済通知、督促連絡、業務連絡、プロモーション用途など

実際のシステムをお試しいただくことで、より明確な使用時のイメージをお持ち頂けます。

下記バナーよりお気軽にお問い合わせください。

オフィス環境カテゴリの最新記事