NEWS

最新トピックス

【新時代】宇宙旅行は当たり前になる?

【新時代】宇宙旅行は当たり前になる?

米スペース・エクスプロレーション・テクノロジーズ(スペースX)は15日、民間人4人を乗せた宇宙船「クルードラゴン」を打ち上げた。地球を周回する3日間の宇宙旅行となり、有人宇宙旅行の新時代を告げるものと受け止められている。

民間人のみの宇宙旅行

今回の宇宙飛行ミッションは「インスピレーション4」と称されたもので、宇宙船クルードラゴンはフロリダ州のケネディ宇宙センターから現地時間15日午後8時2分(日本時間16日午前9時2分)にファルコン9ロケットで打ち上げられ、地球周回軌道に入った。

搭乗したのは、テクノロジー業界のビリオネア、ジャレッド・アイザックマン氏と他の米民間人3人で特別な宇宙飛行士訓練を受けていない。職業宇宙飛行士を含まない民間人のみによる宇宙滞在飛行は初めてで、約3日間の地球周回旅行となった。

インスピレーション4は小児がん治療を研究する米セントジュード小児研究病院の支援を目的にしたミッション。SpaceXにとって4回目のミッションで、宇宙船クルードラゴンは宇宙飛行士の野口聡一さんが搭乗したのと同じ機体。国際宇宙ステーションを上回る高度575キロの軌道を90分間で1周する。そのスピードは時速2万7360キロで音速の約22倍。搭乗者は宇宙船の操縦は行わないが、緊急時の対応などのため全員が5カ月の訓練を受けた。

そしてついに…!

そしてクルードラゴンは、3日間地球を周回した後、18日午後7時6分、米フロリダ州ケネディ宇宙センター沖に無事着水した。着水後すぐに回収船「GO Searcher」のメインデッキに吊り上げられた。インスピレーション4の4人の乗組員は宇宙船を降りた後、健康診断を受けてからヘリコプターでケネディ宇宙センターに戻った。  

大気圏突入の際、宇宙船外部は華氏3500度(摂氏で約1900度)になるが、乗員は空調で涼しいまま無事帰還した。落下速度は時速560キロから一段回目のパラシュートで時速160キロまで減速し、2段階目のパラシュートによって着水時の速度は時速24キロにまで減速していた。

SpaceXは今後も民間人の宇宙旅行をサポートしていく。来年にはISS(国際宇宙ステーション)への宇宙旅行が計画されているという。

まさに“夢の中のお話”であった宇宙旅行は着実に現実のものとなっている。一般人である私たちが宇宙に行ける日も近いかもしれない。いや、それどころか月に行ける日が来るかもしれない。

只今、無料トライアル実施中!!

弊社では全国の様々な企業様で使われているSMS送信サービス

『プッシュPro-SMS』の無料トライアルを実施しております。

・国内4大キャリア(docomo・au・SoftBank・Rakuten)との直接接続で開封率99.9%‼

・全キャリア長文SMS送信 ※最大660文字までのSMS配信に対応。

・PDFやExcel、CSVなど様々なファイルの添付が可能

・誤送信防止機能

・24時間 365日 万全のサポート体制
シンプルな操作方法で,様々な業務の効率化を解決するツールとして多くの企業様に活用されています。

使用例 : 本人確認、申し込み、 決済通知、督促連絡、業務連絡、プロモーション用途など

実際のシステムをお試しいただくことで、より明確な使用時のイメージをお持ち頂けます。

下記バナーよりお気軽にお問い合わせください。

旅行情報カテゴリの最新記事