NEWS

最新トピックス

SNSが盛んな近年よく聞くインフルエンサーマーケティングとは?拡散力が大きいほどに注意も必要?

SNSが盛んな近年よく聞くインフルエンサーマーケティングとは?拡散力が大きいほどに注意も必要?

インフルエンサーとは

元々はインフルエンサー(Influencer)とは世間に影響(Influence)を与える人を指した言葉です。近年ではインターネット上で情報の発信をすることによって影響力が大きい人物という意味を強めていてスマートフォンやタブレットなどの普及で世界中の人々がSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)を利用して情報を発信・吸収していく現代社会を象徴するような存在であり『インフルエンサーマーケティング』というマーケティング方法を行っている企業も多く見受けられ以下のような媒体を利用している場合がほとんどです。

  • Twitter(ツイッター)
    • 拡散力の強さが特徴的なSNSです。ツイートと一緒に動画や画像を乗せることができリンクも貼り付け可能なので自由度が高いです。リツイートキャンペーンなどを利用して知名度を上げることも期待できます。利用者(ユーザー)は女性に多くファッション、美容、グルメ、インテリア、旅行などおしゃれな写真でインパクトを与えられるような商品やサービスに向いています。
  • Instagram(インスタグラム)/インスタグラマー
    • 写真がメインのSNSです。『いいね』を求めて写真映えするフォトジェニックな写真をこぞって撮影・アップロードするその勢いは『インスタ映え』という言葉も生まれるほどの社会現象になっています。
  • YouTube(ユーチューブ)/YouTuber(ユーチューバー)
    • 世界最大の動画サイトであるYouTube。SNSではありませんがYouTube上に自身で制作した動画を継続的に公開し動画再生で得られる広告収入を生業とするYouTuber(ユーチューバー)もインフルエンサーと言えます。動画なのでスマートフォン向けのアプリや食品などの商品を実際に試している風景も発信できます。リンクの貼り付けも可能です。

インフルエンサーマーケティングとは

影響力のあるインフルエンサーに自社商品やサービスのPR(宣伝活動)を行ってもらうマーケティング方法です。上記のような媒体でフォロワーの多い一般人や芸能人に商品やサービスをおすすめ・紹介してもらうことで多くの集客が見込こめます。

注意も必要

SNSを使ったマーケティングに欠かせないインフルエンサーマーケティングですが注意も必要です。拡散力の大きい媒体を使っている分、企業にとってあまり良くない情報も同様にあっという間に広がってしまいます。

大前提としてインフルエンサーには企業とのタイアップであるということを明記させたほうが賢明です。インフルエンサーが自身のブログやSNSで企業から依頼されたことを隠して商品の紹介や説明などを行ってしまうとそれは広告だということを明記しないで『ステルス(隠蔽/こっそり行う)』に商品やサービスの紹介・宣伝を行う『ステルスマーケティング(ステマ)』になってしまいます。

消費者(ユーザー)はそのインフルエンサーに魅力や価値を見出しSNSなどフォローしてインフルエンサーの発言を参考にして『この商品はインフルエンサーが心からおすすめしてくれている良い商品なのだ』と信じ消費します。ところがそこでこのステルスマーケティングを行ってしまうと協力したインフルエンサーは消費者となり得たユーザーから『騙された』『紹介していた商品すべてが宣伝費をもらうためのものだったのではないか』『やらせなのでは』と不信感を抱かれてしまいます。企業も宣伝方法や企業の在り方を問われてしまい炎上に繋がりやすいと言えます。

マーケティング方法は様々

どのようなマーケティングにも向き不向きがある為いくつかの集客方法などを調べてどれが一番自身の商品やサービスを売り出すうえで有効であるかを考え選ぶ必要があると言えるでしょう。

当社では集客方法の一つとしてSMS(ショートメッセージサービス)の販売を行っております。ただいま無料トライアルを実施しておりますのでよろしければ下記バナーよりお気軽にお問い合わせください。

実際のシステムに触れていただくことで明確に使用イメージをお持ちいただけるかと思います。お問合せお待ちしております。

IT技術関連カテゴリの最新記事